2017年にヘアビューロンカールの3Dプラス、2Dプラスと発売されてまだ間もないのに、ヘアビューロンに4D Plusが発売されました〜〜( ゚д゚)!!!

こんなに立て続けに発売されるなんて、すごい・・・

というか「最上位機種をゲットするぞ!」と3Dプラスを買った人もいるだろうし、もう少し期間をあけてもいいんじゃないかな〜と個人的には思ってしまいましたね、、(^^;

ヘアビューロン4D Plusの仕様

ヘアビューロン4D Plus[カール]

2018年4月8日発売のヘアビューロンカール

価格(税抜) 45000円
太さ S:26.5mm
L:34mm
設定温度 40℃〜180℃
電源コード長さ 2.0m
大きさ 高さ350 × 幅59 ×奥行85(mm)
重さ S:約427.5g
L:約535.5g

2D、3Dとの違い

バイオプログラミングの技術レベルがシリーズ最高の4Dになりました。

効果に関しては、公式動画がわかりやすいと思います。

見た目も、今までの種類と一線を画す感じの高級感のあるブラック×ゴールド。

あと、見た目とか仕様で気になる違いは「重たさ」ですかね〜

2Dプラス、3Dプラスとサイズは変わりませんが、重量がレベルアップするほど重くなっています。

おそらく、バイオプログラミング技術が搭載された特殊セラミックスの違いで、その重たさの分がでているのだと推測されます。

Lサイズでいうと、500mlのペットボトルより重たいので、長い時間をかけてセットするのは結構大変そうですね(^^;

価格的にも、45000円となかなか気軽に手を出せる値段ではないので、サロンとか業務用として買う人のほうが多いかもしれませんね。

ヘアビューロン4D Plus[ストレート]

ヘアビューロンカール 4Dプラスと一緒にストレートの4Dプラスも登場

ヘアビューロンカールの3Dプラス、2Dプラスの発売のときは、カールのみでしたが、今回の4Dプラスはストレートも一緒に発売されました。

価格(税抜) 45000円
設定温度 40℃〜180℃
電源コード長さ 2.0m
大きさ 高さ293 × 幅29 ×奥行85(mm)
重さ 約427.5g

カールとストレートのツヤ感を比較すると、やっぱり巻き髪よりストレートのほうが髪の毛のツヤっぽさは出やすいと思います。

初期モデルのヘアビューロンストレートで、かなりツヤでるな!と思ってましたが、さらにすごいバイオプログラミングの技術レベルを搭載した4Dプラスのストレート。

一体どんな仕上がりになるんでしょうか(^^;

カールの4Dプラスと同じく、45000円と高額ですが、ストレートの場合は縮毛矯正の数回分の金額って考えると結構すぐに元とれるので、くせ毛やうねりに悩んでいる人にはいいかもしれませんね(^^)

アマゾン・楽天の正規店ではまだ取り扱いなし

楽天とアマゾンをチェックしてみましたが、今のところ4Dプラスの扱いのある正規店は見つかりませんでした。

正規販売店では、大丸松坂屋オンラインストアで販売されているようです。

⇒ヘアビューロン4Dプラス大丸松坂屋オンラインストア/a>

価格も効果もプロレベル

45000円の価格を考えると、4Dプラスは一般向けというよりかは、サロンやモデルさん向けの業務用・プロ用という感じがします。

とくに、カールの場合は、一般的なコテの使用頻度を考えると45000円は少し高いかもしれませんね(^^;

わたしは初期モデルのユーザーですが、一番下のレベルの初期モデルで満足できています。

なので、カールの場合は初期モデルと価格が同じでレベルアップしている2Dプラスが一番コスパよく使えると思います。

⇒ヘアビューロンカール2Dプラスの詳細はコチラ

無理して高いものを買う必要はないと思うので、自分の使用頻度などを考えて選ぶのが一番ですね(^^)